テーマ:ニュース

利用料割引き、減免幅の拡大 

伊那文化会館(長野県)が4月から、ホールなどの利用料金の一部割引きや減額免除(減免)幅の拡大を行う、と長野日報が報じている。 (長野日報:2006年3月12日) 県文化振興事業団が、2006年度からの3年間、同館の指定管理者に選定された長野県文化振興事業団は「地域の人に、より身近で使いやすい施設」を目指し、割引きなどの実施を決めた…
トラックバック:7
コメント:9

続きを読むread more

出雲市の指定管理者、5施設で導入見送り

「新年度からの出雲市の指定管理者制度で、北山健康温泉保養施設など5施設は、指定管理料で市と管理者を希望した応募者とが折り合えず、導入が見送られることが7日、分かった。」と山陰中央新報(2006年3月8日)は報じている。 北山健康温泉保養施設については、オープン時から管理受託者であるさ北部活性化推進協議会北山健康温泉運営委員会が応募…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

選定手続きの見直し案を県議会で報告 神奈川県

「神奈川県は本年度から本格導入した指定管理者制度について、選定手続きの見直し案を開会中の県議会で報告、公募選考して委託した約六割が県主導の第三セクターなど県が関係する団体だったことなどを踏まえ、新規参入を促す方式に変更する」と東京新聞は報じている。(東京新聞2006年3月6日) 今月末にも正式決定し、二〇〇八年度から始まる次期公募から…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

指定管理業務でないため、お祭りが中止

東奥日報によると1990年からゴールデンウイーク期間中、八戸公園で多彩なイベントとともに開かれてきた「はちのへ春まつり」が今年は中止の方向となった、ということだ。 (東奥日報2006年3月4日) 八戸市観光情報サイトの祭りのページにも「はちのへ春まつり」の情報はない。 祭り中止の理由は「指定管理業務に含まれていない」ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「31日に解散」決める 別府コンベンションビューロー

指定管理者制度の導入に伴い、別府市のビーコンプラザを管理、運営する財団法人別府コンベンションビューロー(理事長・浜田博市長)は一日、理事会と評議員会を開き、組織の解散を決めた。今後、国交省九州運輸局から解散許可を得て三十一日に解散する。四月からは、国際会議の開催を手掛けるコンベンションリンケージ(東京都)など民間の共同事業体が指定管理者…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

不振公共施設、民の力で再生

大阪市の施設を民間企業が指定管理者になり活性化を図ると朝日新聞が報じている。 (朝日新聞:関西2006年2月27日) ゆとり健康創造館(ラスパOSAKA)を運営するニュージャパン観光の森田勝利専務は、「施設の潜在能力は高い。集客目標は今の9倍の35万人」 、「不振の原因は明らか。フィットネス施設は立派なのに、温泉は小さくて水着着…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

能代市社協職員、移行後の雇用安定で要望書

能代市(秋田県)が同市社会福祉協議会に業務を委託していた介護保険サービス施設など5施設が指定管理者制度に移行するのを受け、同市社協の職員らでつくる「職員を守る会」(勝原みゆき代表)は20日、同市と市議会に移行後の雇用安定を訴える要望書を提出した。(毎日新聞2006年2月21日) 能代市では公募となった5施設のうち、4施設が他新規の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

相次ぐ管理者の選定をやり直す再公募や追加公募

東京新聞2月23日特報で再公募や追加公募を特集している。 同紙ではいくつかの事例を紹介し問題点を指摘している。 鳥取市の例 昨年十月に公募した海洋センターやバードスタジアム、市民体育館など四グループ、十一施設。応募した市の外郭団体「市公園・スポーツ施設協会」が公募前に募集要項を入手していた、というスキャンダル発覚がきっかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常勤医不足 診療に支障 横浜市中区の市立みなと赤十字病院

「昨年四月に指定管理者に民間委託された横浜市中区の市立みなと赤十字病院が、産婦人科医を確保できず、外来通院中の患者を除き新規の診療を受け付けていないことが二十一日、分かった。四月には医師を確保できる見通しだというが、産婦人科の設置は委託条件の一部だったため、一年にも満たずに診療ができなくなったことに「公立病院としてきちんと役割を果たすべ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

公共児童施設、指定管理者制度導入で民間の参入相次ぐ

「指定管理者制度」の導入により保育所や児童館など公立の児童福祉施設の運営に民間企業が相次ぎ参入していると日経新聞は報じている。NIKKEI NET 2006.2.21 自治体にとっては経費削減になり、利用者にとっては、民間の運営によって延長保育やカリキュラムの充実などサービス向上が期待できる、としている。 NIKKEI NET …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

指定管理者が撤退-野迫川の温泉宿泊施設

奈良新聞は2月11日の紙面で、総合請負業の大新東(本社・東京都)が、昨年4月に指定管理者制度を導入した野迫川村の温泉宿泊施設「野迫川温泉ホテルハイ・タトラ(命洗湯の宿)」(同村北今西)から契約期限を待たずにことし1月末で撤退した、と報じた。 詳しい状況については「市民オンブズマン事務局日誌」に内田隆氏が述べている。 4月からスタ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more